お盆休み真っ只中ですが、皆さま如何お過ごしでしょうか?
BWHは平常通り営業しておりますので、博多へお越しの際はぜひお立ち寄りくださいませ〜♪

さて、本日は津留崎 義孝氏の"FCL labo"ルアーが入荷してきました♪
今回入荷分は対ヒラスズキ、青物用をはじめキハダ、GT等の回遊魚にも実績の高いアイテムを色々と取り揃えてみました。

その中でもサーフェススキッピングペンシル"NASUP195 195 93g"が私的にとても気になっております。
夏〜秋の玄界灘のヒラマサトップゲームはペンペンシイラを捕食し、ボイルしている活性の高い大型ヒラマサに遭遇する事が多々あります。しかしペンペンシイラは脚が早く、キャストするポイントとタイミング、そして低弾道の飛距離がとても重要です。
この"NASUP195"は低弾道でも抜群の飛距離を可能とし、アクションの自由度がとても高いので、今時期の玄海灘で活躍してくれると思います♪

アクションは使い手次第ですが、ヒラマサがボイルしている状況はキャスト〜着水後はロッドティップを立て、比較的早巻きでプラグの頭を左右に振り、海面に叩き付ける様なアクションが有効だったりします。(勿論ケースバイケースですが)
ぜひぜひお試しくださいませ♪
コメント
コメントする